インプラント

陽のあたる歯科で行うインプラント治療

乳歯や永久歯に代わる第3の歯として近年注目を集めているのがインプラントです。歯が失われた時に、従来は入れ歯やブリッジという治療法で対処していましたが、さまざまなデメリットとあわせて、土台となる歯に大きな負担がかかるという大きな問題点がありました。インプラントはその問題を解決し、天然の歯のような快適な噛み心地を実現します。現在、インプラントも一部で価格競争のような現象が起きていますが、当院で行うインプラント治療では世界レベルの大手の製品を使用しており、信頼できる材料と確実な技術によって、患者さまに心からご満足いただける安全で質の高いインプラント治療を提供することを信念としています。順番としては、まず最終的な被せ物の位置を決めてから、そこにどのようなインプラントを打つかどうかを考えていき、骨が不足している場合には人工的に骨を作る処置も可能なので、見た目の面でも機能の面でも精度の高いインプラントが可能になります。

設備や経験が不足した歯科医院でインプラントを行うリスク

現在ではインプラント治療に対応している歯科医院が急激な勢いで増えていますが、その中には治療に必要な設備や環境が整っていない歯科医院や、過去の症例数が極端に少ない歯科医院も含まれています。たとえ経験が少なくても治療が成功した場合であれば問題はありませんが、CTを見ただけではわからない「骨が予想よりも柔らかい」「充分にあると思っていた部分に骨が足りない」などの予期せぬことが手術中に起こった時に適切な対処ができるかどうかは、やはり過去の経験に左右されます。そこで無理に治療を進めてしまうと、後からインプラント周囲炎になったり、被せ物に負荷がかかって割れやすくなったりと、トラブルが生じる可能性が高くなります。また、最終的に被せ物がほしい位置にインプラントを入れれるかで予後が変わってきます。骨があるからそこにインプラントを入れ、咬み合せの位置のズレが大きい場合、清掃性の悪い被せ物になり予後に大きく影響します。どの医師が治療を行ってもトラブルの可能性が0になるわけではありませんが、起きる頻度が大きく変わることはご理解いただけるかと思います。インプラントの経験を多数積んでいる当院だからこそ、安心して治療を受けていただくことが可能になります。

お口の環境を整えてからインプラントを行います

当院でインプラント治療を行う際には、「希望する人に対しては誰にでも治療をする」という姿勢は取っておりません。また、治療の希望を頂いてから実際にインプラントを打つ外科手術を行うまでに、ある程度のお時間をいただく場合もあります。それは、より成功率が高くなる状態まで患者さまと一緒に口腔内の環境を整えてから手術を行うべきだという考えに基づいて治療を行っているためです。昨今ではインプラントバブルという言葉が生まれるほど、利益を上げることを目的として闇雲にインプラント治療を行う歯科医院が出ているようですが、不衛生な環境のままでインプラントを打ってしまうと良い結果を望めないことは明らかです。身体的にも精神的にも、そして経済的にも小さくない負担を受けながら行うインプラント治療では、できるだけ信頼できる医師の元で治療を受けることをおすすめします。

インプラント治療が難しい方へ

インプラント治療は全ての方が受けられるというわけではなく、例えばクリアランス(歯ぐきと反対側の歯との隙間)が狭い方は、人によってはインプラントは入っても被せ物を入れることが難しい場合があります。当院ではそのようなケースでも必要に応じて骨を少し削るなどの対処を行い、確実なインプラントの埋入と被せ物の装着を可能にしています。そうすることによって歯磨きもしやすく、見た目と機能の両面でご満足いただけるインプラント治療が実現します。同様に「骨の量が足りない」との理由で他院で治療を断られた方も、骨を補うことで治療が可能である可能性があるので、あきらめずに一度ご相談ください。

治療後に心がけていただく点と保証期間について

インプラント治療が完了した方に対しては、ご自宅での歯磨き習慣の徹底と定期検診においでいただくことをお願いしています。ご自宅と歯科医院での丁寧なメンテナンスをしっかりと続けることで、まるでご自身の歯のように違和感なく食事や会話を楽しめる快適な暮らしを長く続けることが可能になります。なお、当院は全ての自費治療に対して保証期間を設けており、万が一「スクリューが折れた」「被せ物が割れた」などの問題が起こった時にも、保証期間内であれば再治療が可能です。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、みよし市や豊田市にある陽のあたる歯科まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

ご予約・ご相談はお気軽に 0561-76-5526bottom_tel.png